来てもらう方法

硬貨と紙幣

古書の買取方法の一つに「出張買取」というものがあります。その名の通り、お店のスタッフが自宅などの不要な古書がある場所まで引き取りに来てくれるというサービスです。
わざわざ自分がお店まで古書を持ち込むという手間・時間・労力を省くことができますのでひじょうに便利です。
ただ、出張買取を依頼するという場合には事前に予約をする必要があります。予約の方法は、電話、メール、ホームページの専用フォーム、FAXなどで行なっています。このとき、どのような古書を買い取ってほしいのか、書籍の数、状態などを伝えます。
こうした情報を伝えた上で、出張買取に来てもらう日時を予約します。基本的には古書店の営業時間内です。事前にいつごろ来てもらいたいか、候補の日を考えておくとスムーズです。

出張買取の当日、専門のスタッフが訪れてその場で査定を行なってくれます。査定金額に納得することができればその場で査定金額が支払われて、古書が車に積み込まれます。

もしも、自宅の中まで知らない人に入られることに抵抗を感じるという場合には玄関に古書をまとめて出しておきましょう。
ただ、スタッフが自宅に来てくれるということで、大量の古書を持ち運ぶ必要がないというのはかなり魅力的です。しかも出張買取の場合もその場で査定金額を受け取ることができるのもメリットの一つと言えるでしょう。
実際にどんな人が査定をしているのか?本当に丁寧に査定をしてくれているのか?様子をみることができるので安心して取引をすることができます。