店頭へ持ち込む

電卓を持っている男性

古書の買取を希望する場合、買取方法はいくつかあります。しかし、その中でも最もスタンダードなのは「店頭買取」です。これは、店頭へ直接買い取ってほしい古書を持ち込むという方法です。

古書の取扱があるお店であれば、看板などが出ていなくても買取をしていることが多いです。ただ、確実に買取を希望するためにはインターネットでお店を探したり、電話で直接問い合わせて確認をすると良いでしょう。

店頭買取の最大の魅力は、その場で現金を受け取ることができるということです。
すぐに現金がほしい!今すぐに処分をしたい!というような方におすすめです。自宅近くに店舗があるという場合には非常に便利です。ただ、大量の古書を買取してほしいという場合には査定をする時間がかかってしまいますので、事前に連絡をしておくようにしましょう。

古書の買取店によっては、店頭買取だけではなく出張買取やネットでの買取も行なっています。こうした店舗の場合、店頭へ持ち込むことで、スタッフの手間が省かれ、少し査定額がアップする可能性があります。
お店によって査定の基準などは異なりますので、高価買取を期待するのであれば、アルバイトスタッフばかりの古書店ではなく、個人経営や古書を取り扱っている専門店へ持ち込むようにしましょう。そうすることで、マニュアルに従って査定をするのではなく、1点ずつ確認をして価値のあるものは高額の査定額にしてくれます。